従業員(ヒト)のことで、何かお困りなことがございましたらお気軽にご相談ください!!


メールお問合せフォームはこちら フォームは24時間受付中

経営者様! 今すぐ下記よりご相談を!
TEL:06-6854-0362
平日10時〜18時 池田社会保険労務士事務所
大阪府豊中市上野東 1-5-23


労使間の問題解決はお任せください!!
「経営者様のための労務・労働問題相談」
経営者様に、初回無料で電話・メール相談を実施しています!!

 従業員に関するちょっとしたことや労務管理のやり方、就業規則の内容、従業員とのトラブル、労働基準監督署の調査、弁護士からの内容証明郵便、労働組合(ユニオン)との団体交渉、労働審判などについて気になることがありましたらぜひご相談下さい。

労働・労務に関するお困りごとは経験豊富な専門家へのご相談が早期解決の第一歩です。

(1)ご相談対象者
 経営者様及び経営幹部の方に限らせていただきます

(2)ご相談対応内容
 従業員に関するお困りごとについてご相談をお受けいたします。

 例えば、「仕事のできない社員や上司の命令に従わない社員への対応」
「不当解雇・解雇無効を主張されている」「未払い残業代を請求されている」等々。

(3)サポート例
 問題のある社員との面談同席。
 労働組合(ユニオン)との団体交渉や労働基準監督署の調査への同席。
 「あっせん」の代理人として交渉。
 労働基準監督署への提出書類作成。等々

(4)ご依頼のメリット
 労働に関するトラブルはとかく感情的になりやすく、泥沼化することがよくあります。
 しかし、泥沼化すればするほど会社のリスクは高まります。

  特に、解雇や未払い残業代の紛争で裁判になった場合、90%以上は会社が敗訴しており、1,000万円以上の支払いを命じられることも珍しくないのです。
 当事務所にご依頼いただくと、できるだけ裁判にならない解決方法をご提案させていただくとともに、冷静な法的判断のもと早期に平和的な解決(和解)が可能です。

詳細は>>労働問題相談サービスへ

  《ご相談料金》
 電話またはメールの場合は初回に限り無料です
 面談の場合は30分 5,000円(税抜)です。
 (但し、業務をご依頼された場合は、依頼費用に充当いたします)

《ご相談申込は下記まで電話またはメールでお願いします》

お問合せ窓口 TEL:06-6854-0362

受付時刻 平日10時〜18時  池田社会保険労務士事務所

メールお問合せフォームはこちら フォームは24時間受付中


<次のようなことでお困りではありませんか? >

□ 問題を起こす社員に手をやいている
□ 職場の雰囲気が悪い
□ 労務管理のやり方がよくわからない
         ↓
 >>労務管理サポートサービスへ

□ 解雇した元社員から解雇無効を主張されている
□ 労働基準監督署から調査・指導を受けている
□ 労働組合から団体交渉を求められている
□ 労働時間や休日等労働条件のことで社員ともめている
□ 賃金のことで社員ともめている
          ↓
 >>労働紛争解決サービスへ

□ 就業規則の効果的な使い方がわからない
         ↓
 >>就業規則作成・変更サービスへ

□ 健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険のことがよくわからない
         ↓
 >>社会保険・労働保険新規加入サービスへ


当てはまる場合は、今すぐご相談ください。

お問合せ窓口 TEL:06-6854-0362

受付時刻 平日10時〜18時  池田社会保険労務士事務所

メールお問合せフォームはこちら フォームは24時間受付中



<「解雇・残業代・問題社員」など
「職場内トラブル」の予防と紛争の早期解決を実現し
貴社の健全な発展をサポートします!!>

 社員を上手に指導・教育できれば大きな戦力になることは間違いありません。
 しかし、社員の管理方法を間違えれば労使間に大きな溝ができ、会社にとって大きな脅威となります。 労働者の権利意識が高まっている昨今においては、なおさらです。
 つまり、社員は会社にとって諸刃の剣なのです。
 何かしらの行き違いで社員が会社にとって脅威になってしまった場合、社員は「労働法」によって手厚く守られますが、会社は自分自身で身を守るしかありません。

 ご存知ですか?
 各都道府県労働局等に寄せられた総合労働相談件数は平成25年度実績でなんと約105万件となっています。1日あたり約3000件ということになります。

 つまり、労働トラブルはどの会社で起こっても不思議ではなく、「普通の出来事」になってきています。 「うちの会社は大丈夫」と思わず、非常時に備えて事前の予防策をとっておくことをお勧めします。
  
詳細は>>労働紛争解決サービス  労務管理サービスへ


<労使間トラブルのリスクから会社を守る第一歩は
「会社防衛型の就業規則」を整備し、適切に運用することです。 >

 就業規則は経営者と労働者の約束、つまり契約です。契約である以上、その中身を吟味しリスクを予防するものでなければなりません。

労使間トラブルの大半は「解雇と未払い残業」の問題です。トラブルが起こるとまず就業規則の規定がどうなっているかが問われます。

 しかし、労働法は労働者保護の法律ですから、労働法をなぞっただけの規定ではとうてい会社を守れません。
 当事務所はいろいろなトラブルを予測し、そのリスクから 会社を守る「会社防衛型の就業規則」をお作りしています。

<すでに就業規則をお持ちの会社様はぜひ改善を!>

日頃はあまり気にもとめず、放置されている就業規則も、使い方によっては従業員のモチベーションを上げることもできますし、トラブルが発生したときには、会社の盾として威力を発揮するものです。

会社のセイフティーネットとしても就業規則の改善をぜひお勧めします。

詳細は>>就業規則作成・変更サービスへ


<当事務所は「労働問題」に強いだけではありません。
「正しい労務管理」もしっかりサポートいたします! >

 「正しい労使関係」の構築は「正しい労務管理」が前提です。

 まず、就業規則の作成。しかし、労働法をなぞっただけの就業規則では役に立ちません。会社防衛型の就業規則を作るべきです。 当事務所では、御社の実情に即した会社防衛型の就業規則をお創りします。

 次に、従業員の仕事能率を長期間にわたって高く維持し、上昇させるための一連の施策が必要です。 具体的には、従業員の募集・採用から賃金や労働時間の管理、人事考課、教育・研修、昇格・昇進、異動・配置、昇給・賞与、退職・再雇用に至るまでの施策です。 当事務所では、これら従業員に関する全ての施策をサポートいたします。

 「正しい労使関係」が構築できれば、従業員の頑張りによって御社の業績は必ず向上いたします。

当事務所の顧問先企業様の業種……製造業、運送業、IT通信業、飲食業、介護事業所など

詳細は>>労務管理サービスへ

 

<会社経営に潜む人的リスクから御社をお守りします >

 労働者の権利意識が高まっている昨今においては、労使間のトラブルが頻発しています。「人」を雇うということは 労使間トラブルの潜在的なリスクを抱えるということでもあります。労働トラブルが発生した会社の経営者様は必ず「うちに労使間でトラブルが起こるなんて」とおっしゃいます。

 万一に備えて当事務所に「顧問」を依頼すれば、多くの人的リスクから会社を守り、大きな安心を得ることができます。当事務所を御社の「社外人事部」「社外労務部」としてご利用ください。


<池田社会保険労務士事務所が選ばれる理由>

池田社会保険労務士事務所に「顧問」を依頼すると

 @労使間トラブルの予防はもちろん、すでに発生中のトラブルを早期に解決できます

 A経営者と従業員の溝が埋まり、「正しい労使関係」が構築されます

 Bその結果として、経営者様は「人」の悩みから解放され、労使双方が一致協力して
  本業に集中できます。


労使関係がうまくいかずお困りの経営者様は今すぐご相談ください。
労使間のトラブルでお困りの経営者様は今すぐご相談ください。
「人」に関する問題を抱えておられるのなら、一度ご相談ください。


お問合せ窓口

TEL:06-6854-0362

平日10時〜18時 池田社会保険労務士事務所
メールお問合せフォームはこちら フォームは24時間受付中

池田社会保険労務士事務所のサービスメニュー

  
労働紛争解決サービス >>内容はこちら
労務管理サポートサービス >>内容はこちら
会社防衛型 就業規則 作成サービス >>内容はこちら
社会保険・労働保険 新規加入サービス >>内容はこちら
池田博

代表の池田博です。 よろしくお願いいたします。

<代表のプロフィール>
大阪府豊中市出身
しし座 A型
大阪府立桜塚高校 卒
大阪市立大学 法学部 卒

大手紡績会社勤務
その後
教育関連企業
を経て
社会保険労務士事務所独立開業
大阪社労士会所属

豊中市 労働相談(勤労者相談)担当

労働相談実績 400件以上

趣味:旅・ボウリング

座右の銘:一寸先は光

私のブログ

「労働問題専門の社労士」発信中
http://ameblo.jp/rodo-semmon/
「やさしい労働法講座」